sub

【定義】:下付き文字を指示するHTML
『sub』は下付き文字を表す要素です。

subの使用例[HTMLソースコード]

[html highlight="1"]
<p>水(H<sub>2</sub>O)は水の分子式です</p>
[/html]

subの使用方法解説

 「sub要素」は、下付き文字(subscript)を表わす要素です。

sup/sub要素とHTML実体参照

 「sup要素」と「sub要素」は、比較的、スタイリングを目的とした意味合いの強い要素ですが、「HTML5」では廃止要素となっていません。
 これらはスタイリングとしての意味のほかに、数式や化学式としての使用、あるいは一部の言語での使用例など、スタイリング以上の意味をもっているためでしょう。

 ただし、文字の右上に小さな文字で表示される肩文字などは、HTML実体参照を使用することも可能です
 とくにどちらが推奨されているというわけではありませんが、「sup要素」「sub要素」はブラウザごとにレンダリング結果に差が大きいため、HTML実体参照を使ったほうが、より美しい表示結果を期待できます。

HTMLソースコード

[html highlight="1"]
<p>asas<sup>TM</sup></p>
<p>asas &trade;</p>
[/html]

ホームページ作成会社.com 無料集客可能なホームページ制作
会社ホームページ作成 | 簡単格安ホームページ作成サイト - FunMaker[ファンメイカー]
初心者も稼ぐ高機能アフィリエイトサイト作成システム | FunMaker[ファンメイカー]
SEO対策のための Webライティング実践講座

2015年2月19日発売の当社の最新書籍はAmazonランキング1位、東京都庁の三省堂書店でSEO対策書籍として唯一取り扱われるなど、SEO対策の教科書として高い評価を受けています。