thead

【定義】:表のヘッダ行を指示するHTML
『thead』は表のヘッダを表します。

theadの使用例[HTMLソースコード]

[html highlight="4,10"]
<table>
<col style="background : #cdcdcd ; ">
</col>
<thead>
<tr>
<th>サービス</th>
<th>内容</th>
<th>価格</th>
</tr>
</thead>
<tbody>
<tr>
<td>ホームページ作成</td>
<td>ホームページの設計から作成まで全て</td>
<td>○○円~</td>
</tr>
<tr>
<td>コンテンツ作成</td>
<td>画像の加工からコンテンツの作成まで</td>
<td>○○円~</td>
</tr>
<tr>
<td>SEO対策</td>
<td>キーワードの選定からホームページの構造設計まで</td>
<td>○○円~</td>
</tr>
</tbody>
</table>
[/html]

theadの使用方法解説

 「thead要素」は、表におけるヘッダ行(table head)を表わします。
 「thead要素」は「colgroup要素」よりも後、「tbody要素」よりも前に記述する必要があります。必ずしも必要な要素ではなく、省略することができます。

「thead要素」内のセルはすべて「th要素」に

 「thead要素」内に入れるセル要素として、「td要素」を使ってはいけません。必ず「th要素」を使いましょう。
 なお、「thead要素」は、「table要素」内にひとつと決まっています。複数の「thead要素」を使ってはいけません。

ホームページ作成会社.com 無料集客可能なホームページ制作
会社ホームページ作成 | 簡単格安ホームページ作成サイト - FunMaker[ファンメイカー]
初心者も稼ぐ高機能アフィリエイトサイト作成システム | FunMaker[ファンメイカー]
SEO対策のための Webライティング実践講座

2015年2月19日発売の当社の最新書籍はAmazonランキング1位、東京都庁の三省堂書店でSEO対策書籍として唯一取り扱われるなど、SEO対策の教科書として高い評価を受けています。