span

【定義】:テキスト範囲を指示するHTML
『span』は特別な意味を持たないテキスト範囲要素です。

spanの使用例[HTMLソースコード]

[html highlight="2"]
<p>ホームページの最大のコストはランニングコスト!!</p>
<p>ある程度の集客力を持ったホームページ<span lang="en">homepage</span>を維持するには、1年間で60万円もの費用が掛かることはご存知ですか?… </p>
[/html]

spanの使用方法解説

 「span要素」は、それ自身、とくに意味をもつことのないテキスト範囲を表わします。
 「HTML4.01」以前は、「div要素」と同様に便利で、よく利用される要素でしたが、「HTML5」では、「div要素」同様、その使用を大きく制限されています。

「lang属性」や「dir属性」との併用が推奨される使用方法

 「span要素」を用いるべき場所として、「lang属性」「dir属性」を必要とするような場所が想定されています。「llang属性」は、主言語とは異なる言語を用いるような場合、「dir属性」は、読み方が逆となるような要素です。
 英語のように、日本人にも馴染みのある言語の場合、「lang属性」を指定して、英語であることを表わすことは、それほど大きな意味を持たないかもしれません。
しかし、ポルトガル語やハンガリー語など、日本人に馴染みのない言語を使用している場合など、意図的に「lang属性」を利用することで、ほかの類似ページと比較して、SEO対策になる可能性があります

ホームページ作成会社.com 無料集客可能なホームページ制作
会社ホームページ作成 | 簡単格安ホームページ作成サイト - FunMaker[ファンメイカー]
初心者も稼ぐ高機能アフィリエイトサイト作成システム | FunMaker[ファンメイカー]
SEO対策のための Webライティング実践講座

2015年2月19日発売の当社の最新書籍はAmazonランキング1位、東京都庁の三省堂書店でSEO対策書籍として唯一取り扱われるなど、SEO対策の教科書として高い評価を受けています。