i

【定義】:声や感情を指示するHTML
『i』は台詞やムード、思考などを表す要素です。

iの使用例[HTMLソースコード]

[html highlight="3"]
<p>500万円得をするホームページ作成会社.comのホームページ制作</p>

<p><i>あなたは500万円の損をしていることに気付いていますか??</i></p>
[/html]

iの使用方法解説

 「i要素」は、声や感情、あるいは思考や台詞などを表わす要素です。または、ある特定の技術用語や船の名前など、一般的な印刷文書におけるイタリック書体を表わします。
 「HTML4.01」以前は、イタリック体を表わす要素でしたが、「HTML5」では、単純にスタイリングをイタリックにするための目的で「i要素」を使うべきではありません。そのような場合は、CSS(font-style: italic;)を用います。

言語が異なる場合はlang属性を用いる。

 ほかの主となる言語と異なる場合は、lang属性を用いて、言語を指定しましょう。

HTMLソースコード

[html highlight="1"]
<p>ホームページの最大のコストは<i lang="en">running</i>コスト!!</p>
[/html]

イタリックは斜体ではない?

 「i要素」は、イタリック体にするための要素ではありません。しかしながら、ブラウザ上のレンダリングではイタリックで表示されます。
 これはHTMLの歴史的な理由に基づくものですが、そもそも、イタリック体とは、単純な斜体ではなく、英語などのラテン文字では、「筆記体」のような斜体を指します。日本語で言うところの「草書体」に近いものと言えそうです。
 残念ながら、「i要素」を使っても日本語では草書体にはなりませんが、これは「i要素」を使う上でのヒントになります。
 単なる斜体表示ではなく、書体を変えてムードを表現するような場所に対して「i要素」を使うと考えてみましょう。そして、適切なスタイリング調整を施し、それが「i要素」であることを明確にするといいでしょう。

ホームページ作成会社.com 無料集客可能なホームページ制作
会社ホームページ作成 | 簡単格安ホームページ作成サイト - FunMaker[ファンメイカー]
初心者も稼ぐ高機能アフィリエイトサイト作成システム | FunMaker[ファンメイカー]
SEO対策のための Webライティング実践講座

2015年2月19日発売の当社の最新書籍はAmazonランキング1位、東京都庁の三省堂書店でSEO対策書籍として唯一取り扱われるなど、SEO対策の教科書として高い評価を受けています。