hr

【定義】:テーマの区切りを指示するHTML
『hr』は段落単位のテーマの区切りを表します。

hrの使用例[HTMLソースコード]

[html highlight="2"]

<h1>500万円得をするホームページ作成会社.comのホームページ制作</h1>
<hr>
<p>あなたは500万円の損をしていることに気付いていますか??</p>
<p>ホームページの最大のコストはランニングコスト!!</p>
<p>ある程度の集客力を持ったホームページを維持するには、1年間で60万円もの費用が掛かることはご存知ですか?</p>
<p>当ホームページ作成会社.comのサービスを利用することで、『業界最安水準で安全のドメイン・サーバー』『更新・管理費をゼロにする独自システム』『集客コストを激減させる圧倒的SEO対策』の3点により、御社のホームページのランニングコストをドメイン・サーバー費用などの月額5,000円程度に引き下げることが出来ます。つまり、1年で54万円、10年で540万円の得ができるのです。</p>
[/html]

hrの使用方法解説

 「hr要素」は、段落単位でのテーマの区切りを表わす要素です。
 「HTML4.01」以前では、単なる水平線(horizon)を引くというスタイリングを目的とした側面がありました。しかし、「HTML5」では「hr要素」の意味付けが代わり、段落単位のテーマの区切りを表わすことになりました。

スタイリング要素として「hr要素」は使わない。

 ずっと以前のWebデザインでは、たとえば見出しの上下、または下側に「hr要素」を挿入することで、見出しを強調するようなデザインを行なう場合がありました。

 しかし、このような装飾目的の「hr要素」は誤った使い方です。「hr要素」は、段落の区切り、変わり目を表わすことのみに利用してください。

 ただし、「hr要素」をスタイリングすることは問題ありません。
 装飾目的の「hr要素」使用はよくありませんが、正し〈、段落の区切りを表わす要素として「hr要素」を利用し、そのhr要素を装飾すること自体は誤りではありません。ブラウザのデフォルトレンダリングとして水平線を引くだけでなく、CSSを併用し、美しい段落の区切り目を表現することこそ、Webデザイナーの腕の見せどころです。

HTMLソースコード

[html highlight="1"]
<hr>
<p>あなたは500万円の損をしていることに気付いていますか??</p>
futo1<hr>futo2
<p>ホームページの最大のコストはランニングコスト!!</p>
<p>ある程度の集客力を持ったホームページを維持するには、1年間で60万円もの費用が掛かることはご存知ですか?</p>
[/html]

ホームページ作成会社.com 無料集客可能なホームページ制作
会社ホームページ作成 | 簡単格安ホームページ作成サイト - FunMaker[ファンメイカー]
初心者も稼ぐ高機能アフィリエイトサイト作成システム | FunMaker[ファンメイカー]
SEO対策のための Webライティング実践講座

2015年2月19日発売の当社の最新書籍はAmazonランキング1位、東京都庁の三省堂書店でSEO対策書籍として唯一取り扱われるなど、SEO対策の教科書として高い評価を受けています。