cite

【定義】:引用元・出典元を指示するHTML
『cite』は引用元・出典元の作品名を表す要素です。

citeの使用例[HTMLソースコード]

[html highlight="4"]
<p><q>あなたは500万円の損をしていることに気付いていますか??</p>
<p>ホームページの最大のコストはランニングコスト!!</p>
<p>ある程度の集客力を持ったホームページを維持するには、1年間で60万円もの費用が掛かることはご存知ですか?</p>
<p>当ホームページ作成会社.comのサービスを利用することで、『業界最安水準で安全のドメイン・サーバー』『更新・管理費をゼロにする独自システム』『集客コストを激減させる圧倒的SEO対策』の3点により、御社のホームページのランニングコストをドメイン・サーバー費用などの月額5,000円程度に引き下げることが出来ます。つまり、1年で54万円、10年で540万円の得ができるのです。</q><cite>ホームページ作成会社.com</cite></p>
[/html]

citeの使用方法解説

「cite要素」は、引用文の出典元(引証)を表わします。
出典元は、「文献」「書籍」「新聞」「歌」「映画」「ゲーム」など、多岐にわたりますが、必ず、その題名をマークアップします。

「cite要素」と「cite属性」

 「q要素」や、blockquote要素への「cite属性」の場合、その値にはURLが入ります。
 しかし、「cite要素」の場合は、その近くにある引用文の出典元(作品タイトル)を入れます。同じ名前でありながら、要素と属性によってその性格が変わりますので注意してください。

 また、「q要素」との使い分けも必要です。「q要素」は引用文、とくにフレーズ単位の引用に用います。「cite要素」は、そのフレーズが、どの作品からの引用なのか、その作品名をマークアップするためのものです。

ホームページ作成会社.com 無料集客可能なホームページ制作
会社ホームページ作成 | 簡単格安ホームページ作成サイト - FunMaker[ファンメイカー]
初心者も稼ぐ高機能アフィリエイトサイト作成システム | FunMaker[ファンメイカー]
SEO対策のための Webライティング実践講座

2015年2月19日発売の当社の最新書籍はAmazonランキング1位、東京都庁の三省堂書店でSEO対策書籍として唯一取り扱われるなど、SEO対策の教科書として高い評価を受けています。